【修羅場】初代吉宗天井REGを食らったDQN。八つ当たりでドル箱を抱えた女店員にタックルをかまし、女店員は見事にメダルをぶちまけた。更にDQNの行為はエスカレートし警察沙汰に発展した・・・・・

img5fb67a9d46kef3.jpeg


299: 1/10 2005/09/21(水) 20:45:19 ID:/OATCItP

今月のある日、吉宗打って時の出来事。
俺は奇跡的ともいえる引きを発揮していた。

2K松解除でビジを引いたのに始まり、そのビジでは
爺がジャキリまくり1G連のストック4回、ストック分を消化し
これで192G超えたらさくっと帰ろうかな。
なんて思ってたら鷹狩演出で勝利。そのGもビック。

こんなあっさり勝てることなんて滅多にないからすごく嬉しかった。
しかし隣で打ってた℃キュンは俺とは正反対にかなりイラついていた。

℃キュンの台はとにかく機械エラーがおおかった。
メダルつまり(7~8回)に始まり、レバーはずれ2回(笑)
そして台、内部のメダル満杯によるエラー。
店員を呼ぶたびに悪態をつき
「おい、とっととやれよ。ボケが!!」と軽く蹴ったり、小突いたりしていた。






301: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/21(水) 20:47:48 ID:/OATCItP

そんな℃キュンの台もG数は1800越えた。
銭はかなり突っ込んでいるようだったけど、このG数じゃ止めるわけにはいかない。
℃キュンは店員や周囲に悪態をつき、台をどつきながらも続ける。

1900Gあたり℃キュンの台は高確率演出に入った。
1921G、八代将軍点灯。ぴったり天井だったのが笑える。
こっちを睨んできたり散々、周囲に悪態ついてたから俺はレジだったら良いのに…
って思ってた。

俺の願いは通じたようだ。℃キュン7狙うもはずれ、ふたたび7狙うもはずれ。
都合、奴がレジを揃えたときには1930Gを超えていた。
℃キュンはボタン強打でレジを消化。
その後ろをドル箱3箱かかえた女の店員と、そのドル箱の持ち主であろうサラリーマンが
通りかかった時に事件は起きた。


328: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:43:24 ID:3j0n2F3I

2/10 >>301
3/10
℃キュンは不意に立ち上がり店員に体当たりをした。
ちょっと席をたった時にぶつかった。なんて言い訳が効かないくらい
かなり強引なぶつかり方だった。

女だしドル箱3つはきつかったのだろう。
「あっ!!」という言葉が出たと同時にコインは通路に散乱した。
℃キュンは舌打ちをして
「オルァ~ ドブス気をつけろや。ドアホ」と怒鳴って再び打ち始める。

「こいつ、ホント最悪だな…」と思いながら俺はゲームを止めて
散乱したコインを店員、サラリーマン、その他の常連客とともに拾いはじめた。
℃キュンは俺に対して
「おぉ~ おぉ~ 勝ってる人は他人のコイン拾い手伝って余裕があるなぁ~
この、えぇ~かっこしぃ~のドアホが」と言い
℃キュンの足元に落ちたコインを拾おうとした店員の頭に膝をぶつけたり、わざとらしく
手を靴で踏んづけたりしていた。最後には
「なんじゃ、コラ!お前、邪魔なんじゃ」
…と女店員の頭をゴツンと殴りつけたりしていた。


307: 3/10 2005/09/21(水) 20:52:32 ID:/OATCItP

女店員は泣いていた。
泣きながらコインを拾っていた。
コイン拾いを手伝う常連客(中年女)が見かねていった。
中年女「あんたわざとぶつかったでしょ。悪びれることなく、よく続けてゲームできるね。
    だいたい女殴ることないでしょ!!」
℃キュンはフンと鼻で笑い中年女を無視。
中年女 「負けてるからって人に八つ当たりすんな!!」
…と大声で一括。
℃キュンは聞こえませぇーーーーん。と言いたげに耳をふさいで似合いもしないおどけた
仕草で対応。この℃キュンがやるとホントにイラつく。
そのうち、他の店員達もかけつけ回収を始めたので俺は回収作業を店員に任せ
再び自分の台を打ち始めた。

俺はさっさと終わって℃キュンの隣から移りたかったが、今日の将軍様はビジやレジを
コンスタントに吐き出してくれ天国モードなかなか終わらずにいた。
しばらくして、ふとあたりを見回すとコインの回収を終えた店員4~5人とコインを
落とされたサラリーマンそして℃キュンに文句を言った中年女が通路で固まっていた。
彼ら彼女らはそろって般若のような形相で℃キュンの背中を睨みつけていた。


308: 4/10 2005/09/21(水) 20:53:49 ID:/OATCItP

そのうち店長っぽい人が℃キュンに向かって歩いてきてこう言った。
店長「お客様、さきほどはうちの店員が失礼をいたしました。その件につきましてお話
   させていただきたいので、ちょっと席を離れていただいてもよろしいでしょうか?」
℃キュン「あぁん、今度から気をつけたらええんじゃ。ボケ!」
店長「ちょっと席を離れていただけませんか?」
℃キュン「しつこいんじゃ!!」

℃キュンは余裕をかましている素振りを見せるが、俺がチラ見するとちょっと動揺している様子。
店長は℃キュンの首筋を掴み前後に揺さぶりながら、威圧的にこう言った。
店長 「ちょっときていただけませんかねぇ!!!」
℃キュン「おい、なんすんじゃ、放せこら~」
℃キュンは立ち上がり、店長が掴んだ首筋を振りほどこうと暴れ始めたがサッと店員の応援部隊が
駆け寄り、℃キュンの動きを止め通路に連れ出していった。


309: 5/10 2005/09/21(水) 20:58:57 ID:/OATCItP


俺はウザイのが消えてよかった。これで天国ゾーンを満喫できる。
あいつもわざとぶつかって店員の頭殴ったりしてんだから、もう帰ってこれないだろうなぁ。
なんて思いながらホッとした晴れやかな気持で再び打ち始めた。

通路では℃キュンが店長軍団と何だか言い争いをしていたが℃キュンはしどろもどろ。
ぶつかったのはわざとじゃないとか、詰まんない言い訳を続ける℃キュン。
俺はとっとと事務所にでも言って説教されろや。と℃キュンを見下すように
事の成り行きをチラ見していた。

店長 「お前がここで大声出すと他のお客さんの迷惑になるんじゃ。おい、ちょっとこい!!」
℃キュンは観念したのか大人しく移動を始めた。

…かに見えたが℃キュンは駄々をこねるように立ち止まり店長に言った。
℃キュン 「ちょい、ちょい、ちょーまてや。どこいくんじゃ」
店長  「とり合えず事務所いこか」
℃キュン 「事務所いくんなら俺の他にも連れてかなあかん奴おるで!」
店長 「はぁ?おまえ、何いうとんじゃ」
℃キュン 「あいつや、あいつ、あいつゴトシやで。機械つことるのわし見たで~~」
℃キュンの伸びた指先はあきらかに俺を指差していた。

はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~???


330: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:46:02 ID:3j0n2F3I

6/10 >>309

店長軍団の動きが止まる。
そして、冷ややかにそそがれる冷たい視線。
俺は「はぁ?アホ言うてんなや」と言い放ちゲームを続ける。
℃キュンは店長らに引っ張られるように、その場から連れ去れて言ったが店長が店員に小声で
何かを言っている様子が見て取れた。

ゴトなんてやってないけど、あの℃キュンと関わりになるのが不快だし、あらぬ疑いをかけら
れるのはもっと嫌だった。
しかし、何かの疑いをもたれてしまったようだ。
それは店員が2人、俺のそばに張り付いて離れなくなったことからみてとれた。

動揺を隠しゲームを続ける最中、白姫とちび姫は仲良く液晶に続けて現れる。
数ゲーム白姫が連続でているなかで白姫で俵揃い&襖半分閉まる。
前兆及び高確率演出濃厚。
「まじかよ~~もういいよ。早く192G超えてくれ~」
もう天国ゾーンもどうでも良かった。
早く換金して帰りたかった。


331: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:46:58 ID:3j0n2F3I

店員は俺を見ながら無線で何かやりとりをしている。
「つーか、俺って疑われてる?」
℃キュンの戯言を信じたわけではないだろうが、あからさまに疑いの目で俺を見る
店員の態度に苛立ちながら俺はこの店に二度と来ない宣言を自ら心の中で出して高速で消化した。

しばらくすると、地震演出から扉が閉まった。
多分、高確率演出だろう…。
俺はベットを叩き演出が始まる前に少し考えた。
「俺は何も悪いことはしてない。疑われてるんならそれを晴らせばいい」と。
苛立ちは動揺をこえて俺を強気な気分に変えていた。
俺は席を立ち、店員の前にたって言った。

俺 「ね、さっきからそこに立ってるけど、ひょっとして俺のこと監視してんの?」
店員「いえ、違いますけど」
俺 「あ、そう?何だかさっきの奴が言ったこと間にうけてんのかなぁ~とか思ってさ。」
店員 ・・・小声で無線中・・・
俺 「あのさぁ、俺も疑われながら遊ぶの嫌だからさ。身体検査でも何でもやっていいよ。」
店員 ・・・背中を向けて無線中・・・
俺 「ね、聞いてる?!」
店員「じゃあ、ちょっと事務所まで来てもらえますか?」
俺 「なんだよ。やっぱ、疑ってんじゃねーか」


332: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:47:33 ID:3j0n2F3I

俺は事務所に行く前に必ず疑いは晴れること。そして話が終わればまた戻ってきてゲームを
続けることを店員に伝えた。
店員が台に食事中の札をさしたことを確認し俺は事務所に行った。

俺は事務所に向かう階段の途中、どうやってぶちきれてやろうかと考えていた。
バックの中身をぶちまけて上着を脱いで…などとどうすれば店側に対し効果的に
被害者であることを印象つけることが出来るか?
正直な話をすると、迷惑料としていくばくかの謝罪料も貰えるのではと考えていた。
この板、見てるとそんな話が結構あるしね。
やがて事務所につき店員が、扉のセキュリティー解除を解いて扉が開いた。
よっしゃー、こっからが正念場。気合いれんぞ!
俺は自分に活をいれ、事務所内に足を踏み入れた。

次の瞬間、俺の当初の目論見は消え去った。
息巻くつもりだったのに、素直にお話して分かってもらおう。
いやご、理解して頂こう。とう気持に変わった。
そこには見るからにやばそうな黒いスーツの男とイブサンローランっぽい
派手な柄のシャツを着た男が2人鎮座しておられた。


333: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:48:15 ID:3j0n2F3I

男A 「おう、ゴトシ!ワレえぇー根性しとんのぉ~」
男B 「持ち物検査しよか?」
俺  「俺、何もやってないですよ。」
俺は強引にソファーに座らされ、ぶちまけるはずのバックを机にぶちまけられ勢いよく
脱ぐはずの上着を強引にとられ一通り調べられた。
事務所は二部屋続きになっているらしく、扉がもう一つあったが、奥の部屋でも何かが
行なわれているらしくボソボソと話し声や怒鳴り声(男と女の声)が時たま聞こえてきた。

男A 「おぉ~にぃちゃん。ホンマにおもちゃつこうて悪さしてたんとちゃんやな?」
俺  「いま、見てもらったように何もやってませんから」
男B 「いやぁ~、わしは兄ちゃん信じとるでぇ。兄ちゃんは悪いことする顔してへんもん。
    わしは最初からわかってたで」
男A 「いやぁ、わからへんで?最近は悪いことせんような奴がぎょうさん悪いことしとるでな」
男B 「もうええがな。なぁ、兄ちゃん。きぃわるぅさして悪かったな~。ほんま堪忍してなぁ」
これが俗に言う飴と鞭っていうことなんだろう。
事を穏便にすませようと流れるように話を進めていくお二人。


334: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:48:48 ID:3j0n2F3I

そこへ店長登場
男A 「おい、コラ。この人なんも悪いことしてへんやんけ!!わしらに失礼なことさせてからに
   どない落とし前つけるつもりじゃ」セリフと同時に店長の顔にビンタ炸裂。
店長 「すみません、大変失礼いたしました。わたしも疑っていたわけではないんですが…」
男B 「おいおいおい、かんべんしぃーや。すみませんはわしらに言うセリフとちゃうやろ?
    この人に最初にお詫びせんとあかんやろ」
男B 「なぁ~」
   …と俺の肩をやさしく叩く。(怖い、早く帰りたい。)
店長 「申し訳ありませんでした。本当に疑っていたわけではないのですが、あれだけ大声で
   ゴトシ行為を指摘されてほおって置くわけにもいかなかったので、今回のような結果を
    招いてしまいました。本当に申し訳ありませんでした。」

そういうと店長は土下座をして俺に頭をさげた。
俺 「もういいっすよ。疑いが晴れだけでいいです。頭、あげて下さいよ。」
俺は慌てて膝をおり、店長の頭を持ち上げようと肩に手をかけた。すると男Bが諭すように言った。
男B 「大の男がこうして頭さげてんだ。お前も男みせて許したれや。」
俺 (だからもういいっす。っていうてるやんけ)
   …と思ったが俺は「はい」と同調した。
店長「すみません、ありがとうございます。お詫びといってはなんですが、こちらをお納め
   下さい。」
店長はスーツの内ポケットから茶色の封筒を取り出し、俺に差し出した。
俺はあっ!謝罪料だ。と思ったが、俺はこの件で金を受け取るのが嫌だった。
それは、金を貰ったことで何となくあの℃キュンと関わりをもってしまうように感じたからだ。
俺は謝罪金であるだろうとは思いつつ、そしらぬ顔で店長に聞いた。


335: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:49:19 ID:3j0n2F3I

俺 「あのぅ、何ですか、これ?」
店長「店側としての誠意の気持です。」
俺 「ひょっとして、お金ですか?」
店長「本当に微々たる物で恐縮なんですが、是非お受け取りください。」
店長は本当に申し訳なさそうに、何度も頭をさげながら封筒を差し出す。
男B 「おぅ、兄ちゃん、もろとき。ほれで勘弁したってなぁ」
そして、また俺の肩をやさしく叩く。というか、さっきから男Bの腕は俺の肩に回されたままだ。
いやすぎる。怖い。
俺は困ったような顔を浮かべた。(演技)
そして俺なりに最適なセリフをはいたつもりだった。

俺 「今日は勝たせてもらってるし、ホントにいいんですよ。気にしないで下さいよ」
店長「いや、でも…受け取っていただかないと…」

店長は俺が許すと言ったせいか、ちょっと嬉しそう。
いや是非ry…ホント結構ですからry…と俺と店長はシーソーゲームのように封筒を
押したり引いたりしていた。
鞭役の男Aもフッと笑い俺たちのやりとりをニヤニヤと見ていた。
なんとなく、ポワワ~ンとした空気が事務所内に流れはじめていた。
そんな中、男Bの怒声が響いた。


336: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:49:53 ID:3j0n2F3I

男B 「おい、コラ、兄ちゃん。話長引かせるようなことすんなや!これ、もろたら一件落着や。
   ほれとも何かい!ワレ、警察や裁判や言うて事を大きくするつもりなんかい。おぅ!!!」
男Bが肩に回している腕に力がこもる。
男A 「ほぅ、兄ちゃんはそういう考えか。よう分かったわ」
さっきまで笑っていた男Aも目が据わり、威圧的なモードに変わる。

えぇ…そんなつもりはございませぬ。てか、飴役の男Bは心情的に敵に回したくない。
そもそも利害関係はないけど男AB2人に脅さる構図は考えたくもない。

俺 「ちょっと、まってくださいよ。そんなつもりはないですよ。良かれと思っていったこと
   なんですけど、僕がお金貰って解決っていうんならいただきますよ。」
男A 「これは大事になってきたで、うちの弁護士の先生にもきてもらわんとあかんなぁ」
  (おいおい、人の話聞いてますか?)
俺 「いや、だから大事にするつもりはないって言ってるじゃないですか」
男B 「おい○○(男Aの名前)ちょーまてや、兄ちゃんしゃべっとるやないか」
俺 「あの、ホントにこの封筒を僕が貰ったら、店として一件落着になるんなら本意では
   ありませんが頂きます。」
男A 「なんやほら、最初から貰う言うてくれてたら怒ることもなかったがなぁ。」
男Aは当初の飴モードに代わり、店長から封筒を受け取ると俺のジーンズのポケットに押し込んだ。
男B 「よっしゃぁ、これで一見落着やな。」
男A 「ほやな。ほな、みんなで握手しよ。」
俺はわけが分からぬまま、男2人と店長と握手をし、事務所を後にした。


337: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:50:25 ID:3j0n2F3I

時折、となりの部屋から聞こえてくる℃キュンの声が気になってはいたが、奴はこれからどうする
んですか?とは聞けなかった。
何故って℃キュンの声は悲鳴ともとれる、悲痛な声だったからだ。
隣の部屋で何がおこなわれていたか?
知りすぎることにより応じる不幸には出会いたくない。
みなさんもそうじゃないですか?
(まぁ、後ほどある程度、想像できる現場を目撃するわけですが…)

さて、店内に戻った俺は店員に再び打ち始める旨を伝え、食事中の札をどけてもらった。
℃キュンにコインをこぼされたサラリーマンはいなかったけど、℃キュンを怒鳴りつけた
おばちゃんはまだいて、俺のとこに寄ってきて
「あんたも、ええ迷惑やったね。」と一声をかけコーヒーをくれた。
俺は吉宗の扉が閉じていることを確認し、ベットを叩けば高確率演出が始まるであることを
思い出した。


338: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:50:56 ID:3j0n2F3I

修羅場を抜けてきた安堵感もあり、再び余裕を取り戻して撃ち始めたがベットを叩くと
高確率演出ではなく、鏑馬演出だった。
的は当たり大の図柄だった。
俺は鼻で笑った。
(戻ってきて1Gでまたボーナスだよ。)
心の中でつぶやきながら7を狙う。
しかし、矢は外れ通常画面に。
そして高確率演出はおこることなく192のゾーンを抜け、俺はコインを流し店内を後にした。
俺の引きがそれまでだったのは分かるが℃キュンに本日の引きの強さを奪われたような気がして
後味の悪い幕引きだった。

換金を済ませ帰る途中、ふとスロ屋を見るとあの男ABの2人組みと℃キュンがスロ屋の非常階段を
降りてくるのが見えた。
俺は瞬間、サッと隠れた。
℃キュンは頬に手をあてうなだれながら階段を下りてきた。足も引きずっている。
外傷は見られなかったが多分、しこたま殴られたんだろうな。と俺は思った。
駐車場には黒塗りの大きな車が止まっていたので、多分あの車に乗せられて場所を移動するんだろう。
℃キュンにはこれから更なる修羅場が待ち受けている。
奴も終わったな…そう思った矢先、一台のパトカーが駐車場に入ってきた。
あれれ??と思いつつ引き続き隠れて様子を見ていると店長が現れ警察に何か話をしていた。
やがて、℃キュンはパトカーに乗せられパチ屋を出て行った。
その後を追うように男ABも車に乗り込みパチ屋から去っていった。


339: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:51:30 ID:3j0n2F3I

警察に任せたのか~。
意外な結末だったが司法の手に委ねられるなら、それはそれで結構。
何となく気持いい気分になり、俺はパチ屋を後にした。

本日の収支。
スロ分   110k
封筒分    50k(100Kぐらいあってもいいんじゃない?)


340: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:52:01 ID:3j0n2F3I

実は後日談が2つある。
1つは司法の手に委ねられた安心感から、事件の経緯を店長に聞けたこと。
店長いわく、それなりの手段で℃キュンに制裁を加えることも考えたが頭を殴られた
女店員が傷害罪で訴えることを主張したため、警察に任せることにしたとの事でした。
女店員は頭を殴られたとき、舌を噛んでしまいかなりの出血をしたようです。
「まぁ、たいした怪我じゃないから最終的には示談になるんじゃないかな?」
との店長の見解です。

もう一つは、騒ぎをおこした℃キュン。
実はパチ屋で会ったのが初めてではない。
どうも俺の近所に住んでいるらしく、駅に向かう途中やコンビニなんかで何度か顔をあわせた
ことがありました。
年の頃は25~30歳。
腕にタツゥーを入れてシンナーか変な薬でもやってんじゃねーのか?と思える怪しい挙動。
俺は関わりあいになりたくねぇーなぁ~とかねてから思っていました。
まぁ、結果として直接的ではないけれど関わってしまったわけで暫く近所を歩くときも
再び出会ってしまうことがない様、気を使いながら近所を歩く日々が続きました。


341: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:52:34 ID:3j0n2F3I

そんな中、先日℃キュンを再び目撃してしまったのです。
場所はコンビニ側の駐車場。
警官3人とコンビニの店員。そして女子高生に囲まれた℃キュン。
(うわっ、あいつだよ~。警官いるから大丈夫かな?)
俺はただの通行人を装い、そばを通りかかると揉め事の内容が大まかに聞こえてきた。

警官 「お前、盗ったんだろ!」
℃キュン「あぁーん!!!、盗ってないよ!ふざけんなよ!!」
(捕った?万引きでもしやがったのか?)
店員 「いや、絶対に捕ってるはずですよ。カメラの音も聞こえましたから!」
女高 「・・・・」
(はへ?カメラの音?)

話を聞いていると商品を盗ったのではなく、℃キュンは女子高生のパンツを携帯カメラで
パシリと撮ったらしいw
(あぁ・・あぁ・・・あいつ、やっぱホンマモンのアホだw)


342: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:53:05 ID:3j0n2F3I

警官 「撮ってないんだったら、携帯見せたらいいじゃないか!さっきから見せないから
    こんなに疑われるんじゃないか!」
℃キュン「ふざけんなよ。プライバシーがあんだよ!」
警官 「よし、分かった。そんなに言うんなら警察いこう。撮ってないなら堂々として
   たらいいんだしな」
℃キュン「忙しいんだよ。」

まぁ、そんなやりとりが続けられていたが最後には℃キュンは警官に携帯を渡した。
携帯のデータを見た警官は大声で怒鳴った。

「 お 前 盗 撮 し て る じ ゃ な い  か ! ! !」

℃キュンはパトカーに乗せられ現場を去っていった。
あんな野郎は5年、10年でも刑務所にぶちこまれてりゃいいのにと俺は思った。
しかし盗撮じゃそんなに重い罪にはならないだろう。
俺はそろそろ引越しでもしようかなぁなんて考えながらマンションに戻った。
数日後、俺はコンビニによりこの間、℃キュン捕獲に協力した店員に話かけてみた。
俺 「この間はお手柄でしたね。あの盗撮犯のことなんだけど」
店員「あぁ、ありましたねぇ~」と店員ちょっと照れ笑い。
そして店員は続けて言った。
店員「あいつ、覚せい剤もやってたみたいですよ。ホントおっかないですよねぇ~」


343: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:54:02 ID:3j0n2F3I

盗撮だけならまだしも、覚せい剤までやってたなら俺が当初考えていたより長い期間、
奴は刑務所のお世話になりそうだ。
俺はまだ引越しになくてもいいかな?と思いつつコンビニを後にした。


※℃キュンが盗撮をして捕まったことを書きたいがために長々と文章を書き込んでしまいました。
 途中、誤爆があり投稿時間があいてしまいご迷惑をおかけしました。
 あと10/10で終わるはずが大幅にオーバーしてしまいました。
 俺って文才ないなぁ。
 んでは、これにて終了します。


344: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:56:41 ID:znnuhmYl

>>343乙!!!!
おもしろかったよ。


350: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 01:09:40 ID:/Z3xNASo

>>343
乙。
本当によかったよー。


398: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 04:40:58 ID:KgcfMqZe

>>343
乙。おもしろかったよ。
多分というかネタじゃねーみたいだし。

なんか久しぶりに活字を延々とよませてもらいました。
また、修羅場あったら投稿してくださいな。
読みやすかったし、周りの状況が浮かんできた。


347: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/09/22(木) 00:58:42 ID:lOhQwH5B

50kも貰ったのか、いいな~
十分面白かった。


引用元: バチ屋で体験した修羅場を語れPart56
http://log.2ch.net/test/read.cgi/slot/1126873580/

●注目記事
爆サイの連中ヤバすぎだろwwwwwwwwwwwww
闇スロ裏スロって本当に存在するの?
【修羅場】ガラガラのパチ屋で放屁したらオッサンが近寄ってきた
【修羅場】お気に入りのコーヒー姉ちゃんにメアド聞いてみた結果wwwwwwwwww
【修羅場】パチ屋で歩きながらお姉ちゃんの胸元をのぞいてみると・・・・
パチ屋のアイドル店員を食事に誘った結果wwww
●殿堂入り人気記事
【オススメ】パチ屋で優しくしてくれた兄ちゃんへ
無職で借金あってスロット打ってる奴集合
ババアのボーナス目押ししてやったらさらに難しいことを頼まれた
貯玉を31万枚した強者の悲劇
つい魔がさして常連の女に手を出してしまった
●関連記事
関連するタグ :スロ 修羅場 吉宗 ホールでの出来事 

この記事へのコメント

- 今日も負けた名無し - 2015年04月10日 13:28:16

初代吉宗の話が10年前か…

- 今日も負けた名無し - 2015年04月10日 15:59:22

イベントありすぎだな

- 今日も負けた名無し - 2015年04月10日 21:53:01

面白い
しかし4号機時代は荒れてるなぁ

つーか今のAT機打ってる奴はあれだけやられて
それでも台や店に八つ当たりしない方が異常かw

- 今日も負けた名無し - 2015年04月11日 03:56:13

昔のやつらが荒すぎただけの話。
何をすればどうなるのかは分かりきった事

- ふり向けば腰抜け - 2017年01月26日 01:25:06

秘宝伝クレアの記憶(メモリー)つぎ出るやろたぶん仮想




【面白記事】 【スロパチ関連】
スポンサードリンク


最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク




スポンサードリンク


パチスロ実機

パチンコ実機

★京楽 CRぱちんこAKB48  【パチンコ実機】 CRヱヴァンゲリヲン7 実機  紫枠 パチンコ実機 CR麻雀物語~麗しのテンパイ乙女~M9AZ パチンコ実機 CR花の慶次~焔L2-VX

【他サイトおススメ記事】
ブログ内検索
ブログ内タグ検索

スロパチ情報サイト
まとめサイト
アンテナサイト
実践ブログ
スポンサードリンク

スポンサードリンク