パチ屋のコーヒーレディを本気で好きになってしまった

01490001-SUN166-00105_jpg__500×500_


589: 1/6 2005/06/10(金) 06:57:03 ID:8j9uoGTh

もう少し前の話で、あまり修羅場らしくないですが、投稿させてください。


私は子供の頃から一人でいるのが好きで、外にも出かけずに本ばかり読んでいた。
脳内革命や五体不満足などが好きで、何度も読み直したものだった。

ある時、閉じこもってばかりの私を兄が連れ出した。行き先はパチ屋。
もちろん私は打つつもりなんて無かった。
パチ屋は怖い所、といったイメージが強いし、第一うるさい。
一人で静かに過ごすのが好きな私には、はっきりって耐えられない。
しかし、兄は半ば無理矢理私をホールへ連れて行き、隣の台へ座らせた。
初めはパチンコだったが、兄は「少しは運動になったほうがいいか」と、
よく分からない流れのまま、スロットへ移動するはめになった。

打った機種は北斗の拳。何度が読んだ事あったので、少し興味が沸いた。
それでも打つ気にはならず、兄が打っている台を眺めているだけだった。
しばらくしてボーナスが確定し、二箱くらい出た。
「一箱やるからお前も打て」と言われたが、やはり手を出すのは怖かった。





590: 2/6 2005/06/10(金) 06:57:26 ID:8j9uoGTh

そんな折、突然顔の横にプレートが差し出されてすごく驚いた。
ただのコーヒーレディだが、そんな人がいる事なんてもちろん知らないし、
パチ屋は怖い場所、のイメージが強かったので、かなり大げさに驚いてしまった。
コーヒーレディは一瞬怪訝な表情をしたけれど、すぐに隣の兄の元へと移って行った。
兄はコーヒーレディを引きとめ、コーヒーを二つほどコインで注文していた。
二人は仲良さそうに話し、兄は「こいつ、俺の弟」と、私をコーヒーレディに紹介していた。
コーヒーレディは控えめな笑顔で私に軽く会釈すると、そのまま去っていった。

情けない話だが、その笑顔だけでそのコーヒーレディを好きになった。
あまり人に、特に女性に笑顔を向けられた経験がないので、免疫がないんだと思う。
世間一般の感覚とは少し違うが、一目惚れとはこういう事だろうかと思った。
その日はそれっきりだったが、服のネームプレートを見て苗字だけは「中原」だと知った。

それから少しして、また兄にパチ屋に誘われた。
前回行った時はほんの50回転くらいしかさせてないし、正直全然面白くなかったが、
中原さんに会いたいと言う気持ちもあって出かける事にした。
いざスロ台に向かうも、中々打つ気はおきない。
投資している金額が信じられないほど高額なので、やはり躊躇ってしまう。
兄が「いくらか出たらやる」と言うので、しばらく兄の台を見ている事にした。


591: 3/6 2005/06/10(金) 06:57:52 ID:8j9uoGTh

あまり間も置かず、コーヒーレディが回ってきた。中原さんだった。
兄はほとんど出玉が無いにも関わらず、下皿の少しのコインでコーヒーを二つ頼んでいた。
私は気付かないうちに中原さんを見ていたらしく、目が合ってしまった。
女性に慣れていないので、気恥ずかしさに思わず目をそらすと、
中原さんは「打たないんですか?」と私に聞いてきた。
私は「いや・・兄の、見学で・・・」とうつむきながら答えてしまった。
今思えば、あの騒音の中聞こえてなかっただろうけれど、
中原さんは「そうですか」と笑顔で言うと、そのまま立ち去っていった。

そんな事の繰り返しで、兄に連れられて行くのも数度になり、
だんだんと北斗なら打てるようになっていった。
時たま兄の隣ではなく、一人でも打つようにもなったが、
反射神経が悪いのか才能がないのか、いつまでたってもボーナスの7が揃えられなかった。
その為にボーナスが確定するたびにわざわざ兄を呼び、揃えてもらっていた。

しかし、あんまり兄に迷惑はかけられないと思い、
ある時からお金はかかっても一人で頑張って揃えてみる事にした。
あんまり見えないが、運良く揃ってくれる事も多く、何とか一人で打てるようになっていた。


592: 4/6 2005/06/10(金) 06:58:13 ID:8j9uoGTh

だがあるボーナスの時、どうしても揃えられないで苦労していると、中原さんが声をかけてきた。
揃えようと必死になっている姿を見られて、少し恥ずかしかった。
中原さんは「私、やろっか?」と気さくに声をかけてくれたので、
少し情けない感じはしつつも、お願いすることにした。

中原さんも3回ほど失敗して、「ごめんね~っ」と苦笑いしていた。
だけど、中原さんの近くに居れてちょっと幸せだった。
「あ、これ・・・」と中原さんが4回目に揃えてくれたのは、北斗絵柄だった。
中原さんは「わ~、北斗ほくと!やったね~」と自分の事のように喜び、私の肩を叩いた。
北斗絵柄だと連しやすい、と言っていた兄の言葉を思い出した。初めての北斗絵柄だった。
北斗絵柄が揃った事も嬉しかったが、中原さんが喜んでくれたのが何より嬉しかった。

この北斗はあまり覚えていないが、6連荘くらいだったと思う。
良くもないが、悪くもなかった記憶がある。


593: 5/6 2005/06/10(金) 06:58:35 ID:8j9uoGTh

こんな事があって、私はますます中原さんの事が好きになっていた。
下の名前も知らないし、ただの客と店員の関係でしかないが、それでも私には十分だった。
だけど、小さな幸せを拾いにパチ屋に行く日々も、そう長くは続かなかった。

パチ屋に行かなくなった原因と言うか、理由は兄だった。
落ちとしては非常にあっけなく、中原さんが兄の彼女だと知ってしまった。
本当にただ、それだけだった。

私の思いなど知るはずもない兄に、楽しげにもう身体の関係もあると聞かされた。
ショックだった。頭がぐるぐるして、兄の言っている事が理解できなかった。

思えば、兄と一緒に出かけた時は必ず、コーヒーレディは中原さんだった。
客と店員の関係というにはあまりにも兄と中原さんの仲が良かった理由も、
今となっては簡単にわかる事だった。
少し考えれば分かりそうな事だが、それに気付けなかった私は本当に馬鹿だと思う。
その日を境に、あれからパチ屋には1回も行っていない。


594: 6/6 2005/06/10(金) 07:12:21 ID:8j9uoGTh

私が行かなくなってからしばらくして、
兄が中原さんを家に連れてきた時は、私の中では壮絶な修羅場だった。
「なんで来ないの?」と中原さんに笑顔で迫られた時は、涙が出そうになった。

それから数ヶ月もしないうちに兄は中原さんと別れたみたいだが、
それでもパチ屋に行く気もしないし、もう中原さんに会いたいとも思わない。
寂しい私の修羅場は誰にも気付かれずに、ひっそりと終わった。

今は、これで良かったと思っている。

修羅場じゃない上に駄文、失礼しました。


601: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/06/10(金) 09:24:53 ID:uiVQ5jzw

>589
乙!普通に読めた


602: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/06/10(金) 09:42:46 ID:mASUA06w

中原さんにほれますた。

ところで、兄の彼女って、いいよね。なんか、大人の魅力があるよね。
先日、兄が婚約しました。結婚後は、兄は長男なので、同居することになります。
俺に、急に「ねえさん」ができることになる。
家にいる「ねえさん」を想像するだけで・・・、妄想いっぱいです。

自分を押えることができるのか、
やってはいけないことをしてしまわないか、
もう、今から心配でたまりません。




俺に兄は、いないけど・・・


609: ( ´∀`)ノ7777さん 2005/06/10(金) 11:09:57 ID:I6sdxbaH

いい話だった
読みやすかったよ


引用元: バチ屋で体験した修羅場を語れPart50
http://log.2ch.net/test/read.cgi/slot/1117441560/

●注目記事
爆サイの連中ヤバすぎだろwwwwwwwwwwwww
闇スロ裏スロって本当に存在するの?
【修羅場】ガラガラのパチ屋で放屁したらオッサンが近寄ってきた
【修羅場】お気に入りのコーヒー姉ちゃんにメアド聞いてみた結果wwwwwwwwww
【修羅場】パチ屋で歩きながらお姉ちゃんの胸元をのぞいてみると・・・・
パチ屋のアイドル店員を食事に誘った結果wwww
●殿堂入り人気記事
【オススメ】パチ屋で優しくしてくれた兄ちゃんへ
無職で借金あってスロット打ってる奴集合
ババアのボーナス目押ししてやったらさらに難しいことを頼まれた
貯玉を31万枚した強者の悲劇
つい魔がさして常連の女に手を出してしまった
●関連記事
関連するタグ :スロ 短レス 修羅場 コーヒーレディ 北斗の拳 

この記事へのコメント




【面白記事】 【スロパチ関連】
スポンサードリンク


最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク




スポンサードリンク


パチスロ実機

パチンコ実機

★京楽 CRぱちんこAKB48  【パチンコ実機】 CRヱヴァンゲリヲン7 実機  紫枠 パチンコ実機 CR麻雀物語~麗しのテンパイ乙女~M9AZ パチンコ実機 CR花の慶次~焔L2-VX

【他サイトおススメ記事】
ブログ内検索
ブログ内タグ検索

スロパチ情報サイト
まとめサイト
アンテナサイト
実践ブログ
スポンサードリンク

スポンサードリンク